もぐもぐ期の離乳食レシピで有機野菜

もぐもぐ期の離乳食レシピで有機野菜

 

離乳食中期になるともぐもぐと口を動かして食べる練習が始まります。大体7ヶ月から8ヶ月頃です。固形の食べ物をお口でもぐもぐと潰してごっくんと飲み込むのです。硬さは豆腐くらいが目安です。1日2回、用意するようにしましょう。

 

この時期のレシピもただ煮るだけのシンプルなものです。調味料を使うとしてもごく少量で風味付け程度でよいです。

 

そのため使用するお野菜は有機野菜がおすすめです。お野菜本来の味というのを子供に教えるのです。有機野菜は甘くておいしいので子供たちも喜んで食べてくれるでしょう。

 

ただごっくんと飲んでいた初期と違い、もぐもぐと潰すのは大変ですが、もぐもぐすることでおいしさが感じられるのならもぐもぐの作業も苦ではなくなるはずです。

 

最近では有機野菜を宅配で送ってもらえる業者も増えました。育児で忙しいママさんでも安心安全なお野菜を家にいながらにして手に入れることができるのです。

 

ミルクの量は減って食事から栄養を摂る割合が増えてくるため野菜や果物でビタミン・おかゆやパンで炭水化物・豆腐や肉や魚でたんぱく質、と3種類を揃えるように心がけましょう。大人の食事用に茹でたものをしっかり味付けする前に取っておくようにすればわざわざ作る手間はかかりません。

 

早いうちから調味料に慣れると味覚が育ちにくいので、できるだけ素材の味を活かした薄味のレシピがおすすめです。いろいろな種類の食べ物・季節のお野菜は見ているだけでも子供にとってよい刺激となるのです。

 

親も健康的な食材を毎日いろいろと食べていると育児で忙しい中でも健康でいられます。有機野菜はとてもおいしいので、子供同様に薄い味付けで野菜本来の味を味わってみてもいいでしょう。健康な食事はおいしい母乳にもつながっていきます。

 

もぐもぐ期が終わるとカミカミ期・パクパク期とどんどん大人の食事に近づいていきます。無理をせずに子供のペースに合わせてゆっくりと移行していくようにしましょう。